不動産物件と地震などの被害の対策

不動産

不動産について

不動産物件と地震などの被害の対策

画像

不動産物件を購入する場合に、日本ではとくに地震対策が必要になります。
投資対象が都会になるので、直下型地震が起きた場合に、被害が大きくなり、投資対象の物件に被害が及ぶ可能性もあるからです。
不動産の投資対象の物件としては、首都圏が有望ですが、この首都圏の多くの物件が、大きな直下型地震に対して、対処ができていないという状況もあります。
老朽化した建物や、入り組んだ構造などもあり、投資対象の建物が無事でも、まわりの被害が大きく、火事にでもなれば、地震の後で被害に遭うということもありえます。
いずれにしても大混乱で、資産価値も大きく損なう可能性もあります。
地震対策では、購入した物件だけではなく、まわりの状況も予測しておく必要があります。
地震自体で生き残ったとしても、非難やその後の食料や生活が困難になります。
その対策も立てておく必要があります。
いつかは起こると言われている直下型の大きな地震なので、その対策や準備は重要です。

画像